選択肢によってチェックボックスの値を変える

kintoneのアプリを作成している中で

bozu
選んだ選択肢によって、他のフィールドの値が変わるってことが出来れば楽なんだけどな・・・

例えば職責によって与えられるアクセス権が変わるとか出来ればレコードに情報登録する際楽なんだけどな〜

例えばこんな時

とあるkintoneアプリを数名で活用するとします。

  • 管理者
  • 作成者
  • 利用者
  • その他

という風に権限名を作って、ユーザーのkintoneスキルに応じて権限を設定。与えられた権限によってアプリアクセス権が変わってくる。

管理者は全権、その他はレコード閲覧のみ等事前に設定しておく。選択型のフィールドで(今回はドロップダウン)選択する権限の種類によってアプリアクセス権 チェックボックスの値が自動的に入力される。

1回1回選択しなくても自動で入力されるとレコード作成負担が軽減されるんじゃないかな?

無料プラグインでやってみた

とりあえずkintoneアプリを作っておきます。

  • 担当者名・・・文字列1行
  • 権限・・・ドロップダウン
  • アプリアクセス権・・・チェックボックス

3つのフィールドをテーブルにしておくと複数名入力する際楽です。1レコード1人の情報であればテーブルにする必要はないですね。

権限・・・ドロップダウン では、冒頭書いた通りに管理者、作成者、利用者、その他を項目として設定しておきます。

項目選択フィールド連動各種設定プラグイン

TIS様項目選択フィールド連動各種設定プラグインを利用します。

権限(ドロップダウン)で選択する値によってアプリアクセス権(チェックボックス)に事前にプラグインで設定していた値が自動入力されます。

例えば、↓のような設定をするとですね

こんな感じで入力される!!

と言っても画像だとわかりにくと思いますので、イメージ動画もアップしておきます。

注意点
*自動入力フィールドにチェックボックス・複数選択フィールドを指定した場合は、指定した値への切替ではなく、値の追加となります。

つまり、管理者で全権を与えた後に、その他を選択してレコード閲覧だけアプリアクセス権を設定したいとしても、値の切り替えではなく値の追加となるのでチェックボックスの値は変わらない。

権限を変更するには1度値をクリアーする必要がありそうですね

権限ごとにチャックボックスの値を切り替えたい場合はCustomineを利用すると実現できたのでそちらも紹介しておきます。

Customineでやってみた

やること

やることはフィールドに値をセットする

フィールドにはアプリアクセス権(チェックボックス)

値は= [“レコード閲覧”, “レコード追加”, “レコード編集”, “レコード削除”, “アプリ管理”, “ファイル読み込み”, “ファイル書き出し”]の様に、チェックしたい値を入力しておきます。

条件

フィールドの値を編集して値が変わった時

フィールドは権限(ドロップダウン)

フィールドの値が特定の値ならば

フィールドは権限(ドロップダウン)
条件は等しい
比較値は=”管理者”

これを1セットとして、作成者や利用者についてもセットしていけば↓

実際どうなるかというと(動画)

権限によってアプリアクセス権の値が切り替わっているのが分かりますね。

入力補助も大切な業務改善

フォームを入力する補助機能をつけることも大切な業務改善じゃないでしょうか?

権限によって付与するアプリアクセス権を覚えておくことは面倒臭いですし、ラベルや文字列1行の初期値として入力して目で確認しながら入力する方法もありますが、入力ミスの可能性が出てきます。

今回の方法であれば自動入力ですので、設定の時点で間違っていなければ入力ミスを防ぐことができると思います!!

PR

シェアどうぞ宜しくお願い致します

株式会社 MOVEDにJOIN

kintoneの導入支援

キンボウズが実際にkintone導入支援を致します。そのほか色々と・・・

詳しくはMOVED公式ページ