kintoneの価格は高いのか?

kintone高いの?安いの?

まぁ、どんなことができるのかはブログに書いています。

30人で使ってみる

kintoneだけでなく、色々な連携サービスも使ってみましょう。

kintoneと連携サービスを30人で利用した際の費用

できるわ!

って書いてますが、これだけのサービス使って月に1人3時間の業務効率を図るって・・・出来ると思います(ただし・・・)

50人でカスタマインフル利用

カスタマインに120万お渡しして、1000アプリ利用できるようにします。
(kintoneスタンダードコースで作成可能なアプリ数は1000)

たくさんのkintone連携サービスを使った際の費用

まぁ、いろいろやれるでしょ?(ただし・・・)

ただし、kintone使える人がいるかどうか

今回計算したのは、kintoneの費用と連携サービス費用のみです。

kintoneアプリを作る人の人件費や外部に依頼する際の費用は入れていない

内部で作る?外部に頼む?

どっちにしても、ぱっと金額だけ見ると「数百万!?」ってなるかもしれませんが、費用対効果を考えれば・・・

目先ではなく長い目で見ればkintoneいいんじゃない?  

京大がkintone導入!?

こういった動きは非常に良いこと

「あの京大がクラウドで情報を管理!?kintone・・・あっ坊主が何か言ってた」

この流れですよね 笑

勿論「京大だから導入できる。我々とは違う」って感じてしまう人もいると思います。でもまぁ、そんな時も「あの坊主が言っていた」で安心できるんじゃないですかね?

調べてみると1万ユーザーとかのレベルで導入らしいです

ここまで来ると価格が高いとかではないかもしれない(毎月1500万・・・・)

災害対策

日本全国地震や大雨による災害の危機が想定されます。

会社内や大学内などに設置しているサーバーに被害があると管理している機能が停止する。

クラウドならそういった被害があっても対応可能ではないか?

サーバーを自社で準備し、保守運用を考えるとkintoneなどのクラウドサービスを利用した方が将来的にも安価(物理的なサーバーは保守運用に加えて更新時にも費用かかる)

勿論利便性も高い

・AWS
・G Suite
・Garoon
・kintone
どれも導入することでハッピー報告が多いサービスです

きっと京大さんもこれからハッピーロードでしょうね

この流れ止めてはいけない!!

「kintone導入してますよね?」って声かけられたり、喋りたいって言ってたよって話を聞きます。

京大さんみたいな影響力のあるところがクラウド化したという話が出ると業界としても追い風になりますし、キンボウズに問い合わせが増えたら(特にメリットはないけど)楽しいkintoneライフをこれからも過ごせるかな~

そう考えた際、kintoneは12,000社導入されている。しかし周り(特に自分のいる業界)では、

「kintone?」

って感じなんですよね。

こういった誰でもクリックしちゃう事例が増えてくるといいな~

京大事例

シェアどうぞ宜しくお願い致します