障害福祉サービスと介護サービスの連携について

障害福祉サービスと介護サービスとの関係

障害福祉サービスを利用されている方が、65歳を境に介護保険優先となりサービスの打ち切りや移行が行われます。

しかしながら、利用しなれた事業所から介護保険サービスに移行するのには抵抗がありますよね?

また、近隣に事業所がなく、遠方まで通わなければならないケースもあると思います。

平成30年度障害福祉サービス等報酬改定で、介護保険サービスの指定を受けた事業所について、

障害福祉の居宅介護、生活介護、短期入所等の指定を受ける場合の基準の特例が設けられました。

(1)対象サービス
居宅介護、重度訪問介護、生活介護、短期入所、自立訓練(機能訓練・生活訓練)、児童発達支援、放課後等デイサービス。

(2)指定基準
介護保険サービスの指定を受けた事業所であれば、基本的に障害福祉(共生型)の指定を受けられるものとする。

(3)基本報酬・加算
障害福祉の基準を満たしていない介護保険サービス事業所の報酬については、以下の観点から、単位設定する。

  1. 本来的な障害福祉サービス等事業所の基準を満たしていないため、本来の報酬単価と区別。
  2.  現行の基準該当サービスを参考に設定。
共生型サービスイメージ

資料は厚生労働省ホームページより引用

共生型サービス デイサービスの場合

例えば、介護保険サービスであるデイサービス(通所介護)

障害福祉サービスの対象である方が、近隣にデイサービスはあるが、障害福祉生活介護を提供している事業所がない場合

デイサービス側が障害福祉サービス対象者も受け入れると考えた場合、介護保険サービスの指定は既に受けているので障害福祉(共生型)の指定も受けられます。

そのうえで、サービスを受けたい方、提供する側の同意があれば障害福祉サービス対象の方が近隣のデイサービスを利用できるということです。

逆に今まで利用していた障害福祉生活介護を65歳を過ぎても利用できる可能性があります。

有料老人ホーム65歳未満入所ケース

今までは、住宅型有料老人ホームで訪問介護(ヘルパーサービス)を受ける際は、大抵施設の近くもしくは施設内に訪問介護事業所が併設しており、そこから介護保険サービスである訪問介護を提供するという形をとっていました。

では65歳未満で介護保険サービスの対象ではない障害福祉サービスをりようしたい方がそういった老人ホームに入所したい場合

事業所が介護保険サービスとは別に障害福祉サービスの指定を受けておく必要があった為、介護保険対象者は受け入れるが障害福祉サービス対象の方は受け入れが困難という事例がいくつもありました。

今回の改定で、全ての事業所が受け入れるという訳ではありませんが、障害福祉(共生型)の指定が受けやすくなったので、介護も障害も受け入れるという施設が出てくるでしょう

制度やルールの狭間で困惑や利用に支障が出ていた方に対して少しは窮屈感がなくなったのではないかと感じています。

PR

障害福祉サービスと介護サービス

シェアどうぞ宜しくお願い致します

kinbozuって?
kintoneユーザーブログ

kinbozuはkintone一般ユーザーが発信する情報サイト。
kintone×医療介護ネタを中心にノンビリ情報発信中。