kintoneプレゼンをネット配信してみた

以前より、プレゼンを動画にしてアップすることは出来るのか?

考えた理由としては

  • 職場内でのkintone情報共有
  • 自分自身の経験値+
  • そもそも可能なのか検討したい

予算はもちろん0円で、自分自身の顔などをだす必要はない

特にネットで調べることもなく、以下の方法でプレゼンを動画にしてアップできるんじゃないかと考えました。

簡単な構想と使用ツール

PCはchrome bookを私用ではメインで利用している。なので、基本全ての作業をオンラインで行う必要がある。

chromebook-kintone-new

chromebookでkintoneは支障なく使えるのか?

2019年2月19日

プレゼン資料を作って、それを動画に録画しながら音声を入れることが出来ればとりあえず完成

ということで、いくつかツールを考えてみました。

GoogleSlides

パワーポイントのGoogle版であるGoogleSlides

パワーポイントに慣れていると少し戸惑うこともありますが、機能はほぼ同じかと

オンラインでないと編集できないイメージがありますが、

  • Googleドキュメント
  • Googleスプレッドシート
  • Googleスライド

はオフラインでも編集が可能です。

オフライン時に Google ファイルで作業する

ということで、プレゼン資料はGoogleSlidesで作成していくことにしました。

kintoneのプレゼンだけをしたいと言うわけではないのですが、kintoneの操作画面など動画を使って説明したい。いちいちスライドを止めて、kintone画面を操作するより予め録画しておいた動画をスライドに挿入しておくほうが音声も入れやすい(喋りやすい)かと思い、キャプチャー動画を撮ることにしました。

screencastify

無料ソフトがWindowsやMacは多いのではないでしょうか?Chromebookでも色々とあるんだと思います。私は

Screencastify – Screen Video Recorder

というChromeの拡張機能インストールしました。まぁ元々利用していたアドオンなんですけどもね。

GoogleChromeでしか使用できませんが、デスクトップやブラウザタブを簡単に録画することが出来ます。それも無料版で

有料版だと、右端に「Screencastify Lite」のロゴが入ったり、録画時間は10分までという制限がいくつかかかってきます。特に制限を解除する必要も感じなかったので無料版で利用しています(そんな高頻度に動画アップする予定もないですからね)

もし動画に余分な部分、特に動画の前後をカットしたい時はvideo-cutterってオンライン上で動画の切り取りが可能なページがあるのでそちらでチョキチョキします。

音声録音

最近のパソコンにはマイクがついていると思いますので、わざわざマイクを買う必要なないかもしれません。私はZoomを利用する際にイヤホンマイクを使うので、そのまま今回も利用しました。

 

作ってみた

とりあえずGoogleSlidesで10枚ほど作成

今回はkintoneのアプリを作って、アプリにExcelを読み込ませて、最後にグラフを作る

それぞれkintone操作画面をキャプチャー動画をscreencastifyで録画し、GoogleSlidesに動画を挿入・・・

bozu
完成したスライド、プレゼンテーションを開始!!

の前に、screencastifyでデスクトップを録画しておきます。マイク機能も有効にしておきます。プレゼンします。

screencastify無料版なので10分以内に終わらせる(後で動画をくっつければいい話だけど)録画した動画の前後をvideo-cutterでチョキチョキする。最後にyoutubeにアップしてみた

クオリティを求めなければありかもしれない・・・

この作業もいずれ何か仕事の役に立つかどうか分かりませんが、全て無料ツールを利用して安めのChromebookということを考えれば

便利な世の中になったな〜

プレゼン動画を無料ツールでアップロード

シェアどうぞ宜しくお願い致します

株式会社 MOVEDにJOIN

kintoneの導入支援

キンボウズが実際にkintone導入支援を致します。そのほか色々と・・・

詳しくはMOVED公式ページ