お仕事の依頼はこちらから

Yoom kintone接続方法 簡単設定でSaaS連携

Yoomにkintone接続するまでの流れを説明します。いくつか注意ポイントがありますが、設定自体は簡単でした。

Yoomでkintoneをもっと強化したい方に読んでいただきたい、最初の設定方法です。

Yoomアカウントの作り方

現在、Yoomのアカウントを作成するには公式ページから申し込むか、販売パートナーの紹介ルートがあるそうです。kinbozuは紹介&販売パートナーです

公式ページから申し込んでも、その場ですぐに利用できるわけではありません。

後日オンラインミーティング(私の時はGoogle Meetでした)で製品の概要や、簡単な設定方法をアカウントを作成しながらYoom担当者が説明してくれます。

Yoomフリープラン申し込み

Yoomのアカウントが作成できれば、サービスにログインします。(つまりブラウザ上で設定するサービスですね)

Yoomポータル画面

上記の画面がYoomのメイン画面となります。ここからkintoneの接続をしていきます。

Yoomを使おうと思った時に見て欲しい動画 kintoneとの連携

Yoomにkintoneを接続する方法

Yoomは様々なサービスと連携することが可能です。既に多くのサービスが選択できるので、最初見た時驚きました。

kintoneにも簡単に接続可能なのですが、つまづきポイントが2つあります。

kintoneのIPアドレス制限をかけている場合の設定

Yoomにkintoneを接続する前に、kintone側の設定を確認する必要があります。

kintoneはセキュリティ設定として、IPアドレス制限を設定することが可能です。Yoomのアカウントを作った状態で、IPアドレス制限のかかったkintoneには接続することはできません。

cybozu.com共通管理画面から、Yoomの許可IPアドレスを設定する必要があります。

Yoom 許可IPアドレス

一度設定しておけば、接続する度に設定する必要はありません。Yoomの設定を行う前に、許可IPアドレスを設定しておきましょう。

OAuthを設定して、クライアントIDをGetする

IPアドレスの設定ができたら、Yoomのメイン画面からマイアプリを選択します。

Yoomメニュー

マイアプリは、色々なサービスと接続する際に利用します。

新規接続をクリックすると、連携可能なサービス選択画面が表示されます(サービス多くてワクワクします)

Yoomマイアプリ設定画面
Yoomマイアお売り新規接続サービス選択画面

今回はkintoneをYoomに接続したいので、kintoneを選択します。

cybozu.com共通管理画面からOAuth設定

kintoneを選択すると

  • サブドメイン
  • クライアントID
  • クライアントシークレット

の3項目を入力する必要があります。

こちらに関しては、Yoomのヘルプで紹介されています。

kintoneのマイアプリ登録方法

Yoom kintone新規登録画面

サブドメインは、https://サブドメイン.cybozu.com/

クライアントIDとクライアントシークレットは、cybozu.com共通管理画面のOAuthを設定することで取得することが可能です。

cubozu.com共通管理画面
外部連携OAuth

クライアントIDとクライアントシークレットを取得する

OAuthの高度な連携を設定するから、OAuthクライアントの追加を行います。

cybozu OAuth高度な連携を設定する

クライアント名はYoomにしましたが、分かりやすい名前にしておけばいいでしょう。

リダイレクトエンドポイントは、以下の値をセットします。

https://yoom.fun/settings/my_apps/oauth_callback

クライアント名とリダイレクトエンドポイントを設定できれば、保存します。

OAuthクライアントの追加画面

Yoomと連携するユーザーを設定する

保存すると、クライアントIDとクライアントシークレットが生成されます。

IDなどを確認する前に、Yoomの連携を許可するユーザーを設定しておきます。

Yoomとの連携利用ユーザーを設定する

クライアントIDとクライアントシークレットをYoomに設定

あとは、鉛筆マークから設定したクライアントIDとクライアントシークレットを確認して、Yoom側に設定します。

クライアントIDを確認
Yoomに設定するクライアントIDとクライアントシークレット

kintone接続後のYoom設定流れについて

ここまでの設定ができていれば、Yoomとkintoneは接続できています。接続できていますが、連携設定はまだできていません。

ここからがYoomの本番ですね。kintone接続設定後の流れを簡単に説明します。

Yoom データベースとフローボット

プロジェクトを新規作成します。

Yoomプロジェクト新規作成

新規作成すると、下記のような画面が表示されます。

Yoomはデータベースとフローボットの組み合わせでデータ連携したり、数値を置き換えたりといった業務効率化が行えます。

Yoom データベースとフローボット

Yoomのデータベースは簡易スプレッドシート

データベースは、簡易的なエクセルやGoogleスプレッドシートといった機能です。

エクセルやGoogleスプレッドシートと連携できます。敢えて連携しなくても、Yoomで情報を確認したい時とかに利用できそうです。

Yoomデータベース画面

Yoom フローボット

フローボットがYoomのメイン機能ですね。様々なサービスと連携させて、フローを作成していきます。起動する条件(トリガー)や、分岐に並列実行など複雑なフローを組むことも可能です。

テンプレートもいくつか公開されていますが、基本的には新規作成がデフォルトになりそうです。(今後増えるかもしれない)

Yoom kintoneアウトプット設定
Yoomフローボット画面

フローボットを設定して、動作を確認するのは楽しいです。楽しいだけでなく、今どのフローまで完了しているのか、どの部分でエラーが起きているかが視覚的に分かります。

設定しやすいなと感じました。

注意点として、右下に利用状況が表示されています。フリープランの場合、タスクの実行数は100回/月までと上限設定があります。有料プランはタスク実行数によって料金が変わってきます。

Yoom利用状況確認

ノーコードでSaaSを繋ぐことができる。国産サービスなので、日本語表記で分かりやすいYoomを、kintoneに接続するまでを書いてみました。

みなさんも一度、Yoomを試してみませんか?業務が劇的に変わるきっかけになるかもしれません。

このページで紹介したサービス

シェアしてくれると嬉しいです!!!
ABOUT US
Koichi Takimurakinbozu株式会社 代表取締役
【経歴】
体育大学→医療介護→起業
サイボウズ公認kintoneエバンジェリスト
【興味のあること】
筋トレ/業務改善/動画撮影/キャンプ
3児のパパで、基本在宅勤務

業務改善支援相談など、1時間相談無料