お仕事の依頼はこちらから

庭デイキャンプ コンクリ駐車場にオススメ3選

色々な都合でキャンプ場に行けない。しかし、キャンプはしたい。庭でデイキャンプしようと試行錯誤しています。

今回は、庭デイキャンプでおすすめのテントやタープの組み合わせ3選をご紹介します!

庭でテントやタープを設営できると、キャンプ場にいけなくても色々と楽しめます。うちみたいなコンクリの上で設営する場合、テントが汚れなくて片付けも楽。

地面の種類でテントやタープを選ぶ必要がある

うちの家の庭には、タイルデッキとコンクリ駐車場があります。タイルデッキは広さ的にテントとガイロープを張る広さがないので、必然的に駐車場スペースに設営する必要があります。

庭デイキャンプスペース

車を敷地内に縦列駐車して生み出したスペースですが、持っているテントを全て設営できるわけではありません。

サイズが大きくて設営できないものがほとんどです。広いお庭が欲しいこのごろです。

ペグが打てなくてもテントは張れるが、注意も必要

一部ペグを打てる砂利スペースはありますが、基本はペグ打ちができません。テントは種類にもよりますが、タープはペグ必須です。なので、代替えとしてウェイトを活用しています。

コンクリートにパーティーシェード

強風時に設営していませんが、少し強めの風が瞬間的に吹いても問題なかったです。

ただ、ペグのようにガイロープを力一杯テンションかけると、ウェイト自体が動きます。大型テントや大型タープは危険かもしれないですね。

では、チャレンジしてみたテント3つについて書いていきます。

ogawa ステイシーST-2を庭で堪能

ソロキャンプで使うテントとして購入した、ogawaのステイシーST-2

前室が広く、タープなしでものんびり過ごすスペースが最高です。

息子は前室部分でお絵描きしています。見えないですが、テント内では娘がYouTube見てます。

ステイシーST-2前室を庭で堪能

コンクリの上ですが、ogawaのグランドマットを敷いているのでゴロゴロ楽しそうでした。

サイズ的に他のテントでも使い回しできるので、重宝しています。

庭にステイシーST-2を設営

時々雨が降っていたので、敢えてステイシーST-2を張りました。雨の日に家の駐車場でお籠りテントとか最高でしょ?

ペグは打てないので、マルチウエイトを使用。置いているだけですが、テント自体軽いので綺麗に設営できました。

前室部分のキャノピーを使うことで、より前室部分を広く使えます。そのスペースで晩御飯の調理をしました。

ステイシーST-2のキャノピー下で料理

色々と駐車場で試してきましたが、子供的にはステイシーST-2が1番のお気に入りみたいです。雨の休日に是非いかがでしょう?

テンマクデザイン 大炎幕FCは庭でも変形

以前も紹介したパップテントの大炎幕FCですが、個人的に一番プライベート感があって大好きなテントの1つです。

駐車場でパップテント設営

最初は前回同様に大炎幕FCのみを設営していました。

庭に大炎幕FC

前回設営時からの変更点として、前回はスカートの上にマルチウェイトを置いていました。今回は、ループ→ロープ→ウェイトという風に、固定方法を変更しました。

大炎幕のループは大きくないので、そのままウェイトに引っ掛けることは難しいです。カラビナを使うなど工夫すれば、ペグなしでも広い空間を作ることはできます。

テントの固定はマルチウェイト

さらに、今回は前幕も付けました。クローズできるので、家の駐車場とは思えない空間が作れました。

コットンなので、雨降ると面倒臭いですが、家の前なのでどうとでもなります。そのまま晴れるまで放置していいですからね(即撤収しますけど)

庭で大炎幕の前幕を用いて、プライベート空間演出

夕方ですが、テント内は暗いので「夜みたい」とはしゃいでいました。

メッシュインナーにogawaのグランドマットを組み合わせています。デイキャンプだけなら家族5人でものんびりできる空間ですね。

駐車場とは思えないパップテント
created by Rinker
テンマクデザイン
¥10,384 (2022/11/29 23:34:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
tent-Mark
¥12,320 (2022/11/29 23:34:31時点 Amazon調べ-詳細)

IGシェード+小川張りで本格デイキャンプ

実はこのブログの内容。3日間庭でデイキャンプした時の話なんです。

ということで、最終日はコールマンのIGシェードにogawaのシステムタープ組み合わせ

駐車場で小川張り

気温が30度近くと天気予報情報から、ダークルームテントを採用しました。

過去にいくつか、コールマンのダークルームテクノロジーを採用したテントを使いました。本当に真っ暗で涼しいです。ただ、家の庭でデイキャンプなので、これで十分です。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥10,030 (2022/11/29 00:29:48時点 Amazon調べ-詳細)

テントだけだと物足りないので、以前庭に設営したogawaのタープを小川張りしました。

駐車場でタープ設営
家の庭で小川張り

小川張りに必要なセッティングロープがついているので、新たに買い足す必要がない。タープ自体もコンパクトなので、マルチウエイトでも簡単に設営できました。

お昼ご飯はタープの下で

お昼食べ終わったら、テント内でゴロゴロ

駐車場タープでランチタイム

気になるのは近所の視線?いや、突風だけ

近所の方は2度見されたり、声かけてくる方もいました。ただ、テントとタープを張る向き次第では全然視線は気にならないです。

気にするとしたら、テントが飛ばされたり、ポールが倒れて事故に繋がらないかということ。ポールが倒れたら、ご近所にも被害が出るかもしれないですし、車や人にぶつかる可能性もあります。

これは、キャンプ場でも同じですけどね

なので、天気の状況に合わせてテントやタープを選択する。状況によっては庭であっても設営しない。諦める勇気が大切かと思っています。

シェアしてくれると嬉しいです!!!
ABOUT US
Koichi Takimurakinbozu株式会社 代表取締役
【経歴】
体育大学→医療介護→起業
サイボウズ公認kintoneエバンジェリスト
【興味のあること】
筋トレ/業務改善/動画撮影/キャンプ
3児のパパで、基本在宅勤務

業務改善支援相談など、1時間相談無料