お仕事の依頼はこちらから

最強オープンイヤー型イヤホン Oladance

以前よりもイヤホンやヘッドホンを仕事で利用する方が増えたと思います。そんな方にオススメしたい、オープンイヤー型ワイヤレスイヤホン Oladance。

仕事で色々とイヤホンやヘッドホン、骨伝導ヘッドホンなどを使ってきた私が今一番オススメしたいワイヤレスイヤホンです。

Oladance ウェアラブルステレオ

オープンイヤー型イヤホンとは?

その名の通り、耳の穴を塞がずに音を聴くことができる。通常イヤホンといえば、耳の穴に入れて音を聴くイメージでは無いでしょうか?

最近の製品だと、外音取り込み機能として、耳を塞いでも周囲の音を集音して聞こえるようにすることができるものがあります。(AirPodsProとか)

ノイズキャンセリングも外音取り込みもできるので、非常に便利です。ただ、長時間装着していると炎症を起こしたり、音に気付けなくて困るケースもあります。

在宅勤務で耳が炎症

そこで、骨伝導イヤホンを私は多用するようになったのですが、音はボチボチと決して感動するほどの音質ではありません。

Oladance ウェアラブルステレオは、耳を塞がず音質もクリア。もちろんデメリットもありますので、色々書いてみます。

Oladance オープンイヤー型 ワイヤレスイヤホン の良い点

Oladanceのオープンイヤー型イヤホン。ワイヤレスイヤホンなのに、オープンイヤー型。利用するメリットは色々とあります。

音がクリアで、マイク性能も高い

Oladanceのマイク性能は動画を参考にして下さい。Zoomなどで利用していますが、特段問題なく利用できています。

Oladanceのワイヤレスヘッドホン オープンイヤー型なのにこの音はすごい!ミーティングでも使えるマイク。乗り換えることにした。

骨伝導イヤホンと比較すると、音の聞こえ方は全然違いました。骨伝導はどうしてもこもった感じになるのですが、同じように耳を塞いでいないオープンイヤー型ですが、音はクリアです。

骨伝導も音漏れしますが、聞き比べてみるとShokzの骨伝導ヘッドセットよりもOladanceの方が音漏れは少ない印象でした。

公式情報

Oladanceサウンドの根底にあるのは、音の出口が耳穴全体をカバーする特殊設計と音波を打ち消す実用新案技術です。耳の鼓膜に向かって音を直接届けることで、音漏れを最大限抑えることに成功しました。静かな図書館でも騒がしいカフェでも、周囲の目を気にすることなく、好きな音楽を楽しみながら自分の世界に没頭できます。

この情報を見たのは、利用してからなのですが

やっぱり音漏れが少ないのは、勘違いではなさそうです。

着け心地が軽いので、長時間利用できる

耳の穴に入れるタイプや、耳に挟むタイプなど色々と使ってきました。

Oladanceは耳にかけるタイプです。長時間使っていても痛くないし、疲れませんでした。

Oladanceイヤホン開封

ケース充電ができるので、専用ケーブルを探す必要がない

付属のケースで本体を充電できます。

Type-Cなので、家に何本かケーブルかある人もいるんじゃないでしょうか?(持っていなくても、1本ケーブル付属しています)

OladanceはタイプC

よく利用するShokzの骨伝導ヘッドセット。声質もいいし、便利なんですが充電は専用ケーブルなんですよね。外出や出張でケーブルを持ち出すと、よくどこに行ったか分からなくなる。

毎回ケーブル探すのは面倒くさい。充電ケースとかあればいいんですけど、形状的に大きくなるので現実的ではないですね。

Oladanceと骨伝導イヤホン比較

Oladance オープンイヤー型 ワイヤレスイヤホン の課題点

課題点というか、モヤッとした点。

複数回充電可能なケースが別売り

通常付属しているケースでは、ケーブルで給電しないと充電できません。よくある充電ケース付きのイヤホンは、何度かケース本体だけで充電が可能だと思います。ケース本体にバッテリーが内蔵されています。

Oladanceは複数回充電可能なケースは別売り

Oladance 充電ケース 78.4 時間 再生時間 2550mAh 大容量バッテリー 旅行 出張 アウトドア 保護ケース – グレー(イヤホン別売)
Oladance

本体とケース購入しても3万以下(クーポンとか使えば)ですし、16時間利用できるらしいので、毎日充電すればいいんです。

ただ、ケースに入れているだけでは充電できない標準ケースはいらないですよね。

Oladanceと他イヤホン大きさ比較A

本体もケースも大きいし、激しい動きには弱い

PEACE-SS1:https://amzn.to/3OeKMF8
WF-1000XM4:https://amzn.to/3EEMQD8
Oladance:https://amzn.to/3TCjV72

3製品をのイヤホン部分の大きさを比較してみました。

Oladanceと他イヤホン大きさ比較B

めっちゃでかいぜ、Oladance

オープンイヤー型なので、どうしても音を出す部分(スピーカーみたいな部分)が必要ですが、他の製品と比較すると大きく感じます。

耳にかけるタイプで大型なので、歩きながらとか座っていながらなら気になりませんが、激しく動くとなると難ありです。

軽いジョギングでも少し気になりましたし、ジャンプとかすると外れそうです。

外れたことはないですが、外れそうな感じがあるだけで不安になります。耳の穴に入れるタイプではないのと、装着感が軽い反面激しい動きの中で使用するのは検討が必要です。

Oladanceはビジネスイヤホンとしては使える

Oladanceのオープンイヤー型ワイヤレスイヤホンですが、仕事で使うビジネスで利用するのであれば、非常にオススメできる製品です。

普段使いでも十分利用できますが、激しいスポーツをする際に利用するのであればオススメできないです。

  • 自然に外音を聴きながら音楽を聴きたい
  • オンラインミーティングで利用したい
  • 長時間装着しながら利用したい

そういった方にはオススメできるワイヤレスイヤホンだと思います。

シェアしてくれると嬉しいです!!!
ABOUT US
Koichi Takimurakinbozu株式会社 代表取締役
【経歴】
体育大学→医療介護→起業
サイボウズ公認kintoneエバンジェリスト
【興味のあること】
筋トレ/業務改善/動画撮影/キャンプ
3児のパパで、基本在宅勤務

業務改善支援相談など、1時間相談無料