IROTEC オリンピックダンベルシャフトがおすすめ

以前ダンベルを買うなら種類に注意して買いましょうと記事を書きました

ダンベルの種類は多く、固定や可変式などがある

ダンベルにも種類がある?おすすめのダンベルは?

で、結局買いている人間はどんなダンベルを使っているのかと言うと

IROTECのオリンピックダンベルシャフトを使用しています

 

今日はこのダンベルの良さをお伝えします

レギュラーダンベルとの違い

今回オリンピック仕様を紹介するのですが

  • オリンピック
  • レギュラー

の違いを説明しておきます

created by Rinker
IROTEC(アイロテック)
¥3,630 (2020/09/29 20:31:11時点 Amazon調べ-詳細)

使えるプレートの種類が違います

そもそもシャフト径によって使用できるプレートの種類が違います

  • レギュラー(28mm)
  • オリンピック(50mm)
bozu
プレート中心部の穴の大きさが違うんですね

重量も違う

もちろん重量も違います。IROTECの場合は

  • レギュラー(約2.5kg)
  • オリンピック(約6.3kg)

5kgのプレート2枚つけてもダンベルの総重量はシャフトによって差が生じます(バーベルも同様ですが)

ただ、重量はつけるプレートで変えることができますが、レギュラーダンベルシャフトとオリンピックダンベルシャフトの決定的な違いはやはりベアリング!!

created by Rinker
IROTEC(アイロテック)
¥8,470 (2020/09/29 20:31:11時点 Amazon調べ-詳細)

持ち手が回転するオリンピック

持ち手が回転する

これが
こうなる
bozu
プレートの黄色い文字の位置をご確認ください
2枚の写真ともに移動していないですよね?これが持ち手が回転するという意味です

持ち手が回転することで手首への負担は軽減され、リストカールもスムーズ

プレートたくさんあるならおすすめ

  • これから買って揃える
  • 既にオリンピックプレートはある

そんな方にはおすすめですが、既にレギュラープレートを持っている方には当然ながらおすすめできません

レギュラーシャフトや可変式ダンベルをおすすめします

ダンベルの種類は多く、固定や可変式などがある

ダンベルにも種類がある?おすすめのダンベルは?

付属のカラーはおすすめできない

バーベルトレーニングでも、ダンベルトレーニングでもカラーは重要な役割を果たします

トレーニング中にシャフトからプレート離脱を防止するのがカラー

IROTECオリンピック仕様ダンベルシャフトにもカラーが付属しています

bozu
いちいちネジ部分回すのが面倒くさいねん

って事で僕は以下の商品を利用しています

とにかく楽です

負荷をたくさんかけるために楽できる部分はいっぱい楽をすべきだと思います

IROTEC オリンピックダンベルシャフトは人気商品なのですぐに在庫切れになりますが、結構すぐに在庫確保してくれるみたいですよ

シェアどうぞ宜しくお願い致します