ランドロックPro.airレビュー コネクトタープヘキサも

2023年の雪峰祭秋で発売された、スノーピークのランドロックPro.air幕をレビューします。同時に発売されたコネクトタープヘキサPro.airも一緒に設営してきました。

ランドロックProair設営イメージ

スノーピークのPro.airってとは?

フィールドで耐えうる強度を維持しながら、軽さを追求した Pro.air ライン。
軽量でしなやかなシリコンポリエステルリップストップ生地は、設営がしやすく、収納もコンパクト。
カーキカラーが、四季折々の日本の景色に馴染みます。

snowpeak Pro.air line

幕自体を軽量化するために、シリコンポリエステルリップストップ生地にしたよ。通常幕よりも軽いから設営や収納も楽だよってこと。

グランベルクMレビュー
ランドベース6Pro.レビュー

通常のランドロックとの違い

通常販売されているランドロックとの大きな違いは重量だと思っていたんですが、そこまで変わりはなさそうでした。大きな差としては、収納サイズが小さくなるので、Pro.airは収納バック1つに収まる点ですかね。

ランドロック

定価217,800

  • 重さ:22kg (ルーフ別1kg)
  • 幕:なし
  • 主な付属:インナーテント、ペグetc
  • キャリーバッグ/75×33×36(h)cm
  • フレームケース/72×17×22(h)cm
ランドロックPro.air

定価249,700

  • 重さ:20.7kg(ルーフ付)
  • 幕:あり
  • 付属:インナーテント、ルーフetc
  • キャリーバッグサイズ:74×30×35(h)cm

ルーフシールド付きですが、別途購入することができます。インナーテントのグランドシートやマットは別売りなので生地と色が違うランドロックってぐらいですね。

Pro.air幕だからって心配することはない

幕の違いはこんな感じ

Pro.air:75Dシリコンポリエステルリップストップ、PUコーティング耐水圧1,500mmミニマム
通常:150Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム

耐水圧は少し違いありますが、まぁ大雨でも耐えれるレベルですね。75Dと細い糸使ってますが、リップストップ生地なので強度は高めです。サバティカルとかゼインアーツのテントに多い生地感かと思います。なので、薄いから強度不足というわけではない。

フレームも軽量化していると書かれていましたが、ずっしりでした 笑

購入したテント一覧

コネクトタープヘキサは説明書ちゃんと読みましょう

コネクトヘキサタープ Pro.airを使えば、ポール1本でタープを設営することが可能です。ただし、事前に準備が必要です。接続するテントによってロープを切って長さの調整をする必要があります。

この情報を見ていなかったので、何度ポールの位置を調整してもテントとタープの間に隙間ができてしまう。ランドロックの場合20cmの長さまで切るとのことで、そりゃどうにもならない訳ですね。

コネクトヘキサタープProair設営ミス

ランドロックPro.airを使った感想

ランドロック自体かなりいいテントだなと思いました。

比較されるのがコールマンのコクーン3になること多いかと思います。コクーン3も持っていたことあるのですが、簡単に設営できるのはランドロックで、風に強いのはコクーン3かと思います。

実際に設営してキャンプした感覚としては、コクーン3の方が幕内の安心感はありました。ただ、比較した場合なので、ランドロックも十二分に安心感はありましたが・・・

【ランドロックPro.air新幕デビュー】接続タープ準備不足で焦る #camp #スノーピーク