スノーピーク サイドトレーはローチェアにピッタリ

スノーピークから販売された、テーブルトップアーキテクト サイドトレー(CK-304)が私の中でピッタリきたのでご紹介します。

テーブルまではいらないけど、コップを置くスペースが欲しかった

キャンプでのんびりお気に入りの椅子に座って過ごす

最高な時間の1つですが、キャンプの荷物はできるだけ少なくしたい。テーブルは1台あればいい。そのテーブルをテント内に置いたり、外で過ごすからテントから出したりって移動作業は非常に面倒くさいと感じていました。

ペットボトルなら、蓋を閉めて適当な場所に置いて置けます。でも、コーヒーを入れた場合は地面に置くのは躊躇われる。小さなサイドテーブルを置いてもいいのですが、小さいものは大抵高さも低いので、使い勝手に満足できない。

キャンプチェア周辺を快適にしたい
ランドベース6Pro.レビュー

テーブルトップアーキテクト サイドトレーの手軽さ

悩んでいた時、スノーピークからチェアの手すりにもつけられるサイドトレーが発売されました。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥5,280 (2024/03/01 11:17:31時点 Amazon調べ-詳細)

スノーピーク・・・いつも通り高い

しかも、これ単体では使えないんですよね。テーブルトップアーキテクトって製品を使って手すりとかテーブルに挟む必要があります。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥6,600 (2024/03/01 11:17:32時点 Amazon調べ-詳細)

サイドトレーを導入するのに、1万円以上かかる

さすがスノーピーク・・・ぽち

買ってみた、サイドトレーの印象は?

テーブルトップアーキテクトも持っていなかったので、両方買いました(奥様の分もなので2セット)

テーブルトップアーキテクトとサイドトレー

テーブルトップアーキテクトの使い方を分かっていなかったので、最初スノーピークのローチェア手すりに挟まる幅じゃなくて

まさか、買う型番間違えたか?

全然手すりにハマらず、焦りましたが説明書をみると、設置板厚:1~35mmまでの幅広い板厚に対応ってことなので本体を触っていると、幅がちゃんと変更できるようになっていました。

スノーピーク ローチェアにサイドトレーをつけてみた

せっかくなので、スノーピークのローチェアに購入したサイドトレーをつけてみました。

ローチェアにサイドトレー
サイドトレーのチタンマグカップ

いいですね。

チタンマグカップ乗せても余裕があるので、お菓子とかバーナーとかちょっと持っておきたいものを乗せておけそうです。

ステンレスなので、熱いコップも気にせずでいけますね。ローチェア専用ではないので、テーブルにサイドトレーなど使い方は色々だと思います。

収納袋とかもついていればいいんですがね

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥5,280 (2024/03/01 11:17:31時点 Amazon調べ-詳細)