送迎車の給油記録をkintoneアプリで管理してみる

何年か私もデイサービスで介護職や相談員として勤務していました。

なので、送迎車の運転もよくしていましたが、送迎車の運転だけでなく公用車のダッシュボードにノートをおいている事業所や会社って多くないですか?

  • 何時から何時まで運転した
  • どこに行ったのか?
  • 何km走ったのか
  • 給油はしたのか

ノートには書いているけど、あのデータって何かに活用されているのか分からない。

車両記録という観点で必要なのかと思っていましたが、特に必要ないという意見もあり

じゃ、せめて給油料とかをkintoneで管理することでリッター価格や燃費などを確認できれば、意味のあるデータのなるのではないかと考えました

ガソリン給油アプリ

フォームに配置したフィールド

kintone給油管理1

号車

送迎者を1号車2号車と呼んでいたので、数値を入力します。

給油日

レコード登録時の日付を初期値にしていますので、給油日は自動で入力されます。勿論、昨日入力忘れたという際は日付変更できます。

給油時メーター

名前の通り給油時の距離メーターを入力します。

単位記号を「km」としています。

給油量

ガソリン給油した際の、給油量を入力します。

単位記号を「L」としています。

金額

ガソリン給油した際の、金額を入力します。

単位記号を「¥」としています。

リッター価格

金額を給油量で割る計算式を書いています。

1Lあたりのガソリン価格を表示させます。

前回メーター

1回前の給油量を入力します。

bozu
前の記録なんて覚えていないし、レコード見ないといけないの?

いえいえ、後で書く関連レコードフィールドを設定するので、前回のメーターが一発確認できます

燃費

(給油時メーター - 前回メーター)÷給油量 という計算式を設定しているので

1Lあたりの燃費を表示できます。

bozu
最近燃費が悪いな~タイヤの空気でも入れ直すか!

関連レコードを活用

燃費を計算するために、前回のメーター記録を確認したい。

ということで、関連レコードを使って前回給油時の距離メーターの数値を確認できるようにします。

参照するアプリ

参照するアプリは、給油記録を入力する今設定している「送迎者ガソリンアプリ」を選択します。

同一アプリ内のレコードを参照しますので~

表示するレコード条件

1号車の情報を確認したいのに、2号車の情報まで表示されるとややこしい・・・

ということで、表示するレコードの条件を

号車=号車 に設定しておきます。これで、入力している号車のレコードが表示されます。

 

関連レコードのすごいと感じるところは、一回号車を入力してレコードを保存しなくてもレコードが参照される点ですね。

表示するフィールド

  • 給油日
  • 給油時メーター
  • 給油量

を選択しています。フィールドの増減はご自由に!

レコードのソート

一番上に直近の給油データが表示されるように、給油日を降順でソートしておきます。

一度に表示する最大レコード数

本来なら直近1回のレコード表示で良いのですが、最低でも5レコード数は表示されるため、5を選択しています。

ライトコースで利用できる

いつもプラグインを利用したり、連携サービスを利用したケースを紹介していますが

今回はライトコースの機能のみで運用可能です。

使い方(youtube)

簡単な利用イメージを動画にしていますので、宜しければご確認ください

入力をスマホで

いちいちパソコンで入力するのが面倒くさい

送迎時にガラケーを持参している事業所は多いと思います。中には、住所などを探せるように社用スマホを持っている事業所もあるのではないでしょうか?

もし、スマホなら給油時にドライバーさんから明細を貰ってその場でスマホ入力も可能です。

スマホでkintone給油入力

スマホがなければ、明細を当日のリーダーや役職者に渡して後でkintone入力でも全く問題ないかと

kintoneアプリテンプレートデータ

給油記録アプリ

アプリテンプレート

PR

kintoneで給油管理を

シェアどうぞ宜しくお願い致します

kinbozuって?
kintoneユーザーブログ

kinbozuはkintone一般ユーザーが発信する情報サイト。
kintone×医療介護ネタを中心にノンビリ情報発信中。